The Bucket List

人生の目的はなんですか?

新海誠作品が大好きです

新海誠って誰?

 

という方も多いかもしれないので、簡単に紹介を。

新海誠さんは日本のアニメ監督で、映画からCMまで素晴らしい映像作品を制作しておられます。代表作としては「秒速5センチメートル」「雲のむこう、約束の場所」などがあげられるでしょう。

 

彼の作品の特徴の1つに、「背景の美しさ」があります。

f:id:andoshin11:20140407232044j:plain

写実的でありながらも、現実世界にはない透明感が感じられるはずです。

いつも目にしている光景なのに、まるで別世界に来てしまったかのような感覚にとらわれませんか?新海誠さんは、この「日常」を切り取って表現する力がとりわけ優れていると僕は思います。

 

どの作品、どの舞台も素晴らしいのですが、僕が特に気に入っているものを2つ紹介します。

 

1つ目は映画「秒速5センチメートル」から、鹿児島県種子島をモデルにした「コスモナウト」です。 この映画は3部構成になっており「コスモナウト」はその第二部にあたります。

f:id:andoshin11:20140407231927j:plain

 

種子島の高校に通う男女の恋模様を描いた本作ですが、「島での生活」という平和な日常と「ロケットの打ち上げ」という一見特殊な光景を上手く融合させることで作品に深みをもたせています。

 

ロケットの打ち上げシーンも言葉を失うほど美しいのですが、何より僕を魅了したのは「種子島」という島の素晴らしさでした。

北国出身ゆえに、南の島ののどかな風景への憧れがどこか僕にはあったのでしょう。

 

ゆっくりと時間が流れる種子島 の景色にすっかり魅了された僕は、大学一年目の夏、なけなしのバイト代を手に憧れの地へと旅をしました。

その話はまた後日・・・

 

 

2つめの作品は「言の葉の庭」。こちらは逆に東京のど真ん中、新宿を舞台にした物語です。靴職人を目指しながら高校生活を送る主人公の恋物語

f:id:andoshin11:20140407231933j:plain

 この作品の特徴はなんといってもやっぱり「雨」の描写に尽きるかと。

大都会新宿、といっても物語の中心となる舞台は緑の豊かな新宿御苑

 

摩天楼に囲まれた土地にひっそりと広がる公園は、まさに都会のオアシスといった感じ。

そこだけまるで時間が止まってしまったかのような雰囲気があります。

 

そこに落ちる雫の一滴一滴が本当に美しくて、僕も一瞬で引き込まれました。

この映像の美しさは言葉では表現することはとうてい出来ないので、是非一度鑑賞してみることをオススメします。

 

そしてこちらも先月、ようやく足を運ぶことができました。開園直後の午前中を狙って行ったのですが、ちょうどその日も雨が降っていて感動的でした。

ファン冥利につきるとはこのことです。

 

 

 

以上簡単に新海誠作品の「背景」の美しさについて紹介しましたが、もちろんその「ストーリー」も素晴らしいです。また別の機会に紹介させてください。

 

それでは本日も駄文に目を通していただきありがとうございました。

春の琵琶湖疏水。

こんにちは。

ブログ2日目です。

 

今日は琵琶湖疏水に沿って12kmほどハイキングしてきました。

京都は桜が満開です。

f:id:andoshin11:20140406213937j:plain

f:id:andoshin11:20140406213911j:plain

 

(ちなみに本日が一眼レフデビューの日でした。試行錯誤しながら撮影したお気に入りの写真、いくつか貼っちゃいます。)

 

f:id:andoshin11:20140406213736j:plain

 

美しい自然は心を豊かにしてくれます。

そして自然の美しさは人類共通、いつなんどきも揺るがないものです。

 

常に自然を前にして美しいと思える心をもつこと。

自然を見て「美しい」と感じられない時は、どこか自分の心に問題があるから。

 

ぼくはそんなセルフチェックのためにも、時間があれば外に出ようと心がけています。